猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

読書記録

【常識に疑問を投げかける】デートするのは本当にリア充なのか?

マッチングアプリを始めました 実際に利用を開始してみて 本題「デートするのは本当にリア充なのか?」 結論 マッチングアプリを始めました 8月中旬のお盆明けから近年話題の(?)マッチングアプリを使い始めてみました。 マッチングアプリの詳細については下…

『「私は自分が好き」ということから始めよう』を読みました。

『「私は自分が好き」と言うことから始めよう』 作者:きい(2017年12月) こちらは最近多いSNS発の書籍です。 Instagramに投稿された心に関する絵や言葉も非常にわかりやすく、出版も納得の内容です。私がこの本を手に取ったのも完全なInstagram経由。 当初…

『霞の天地』をご存知ですか?

『二本松少年隊物語 霞の天地』東雲さくら(2013年9月) 感想の前に基礎知識を提供 戊辰戦争(ぼしんせんそう)をご存知でしょうか? 1868年1月、鳥羽伏見の戦いに始まる旧幕府と新政府の内戦の総称です。 それ以降、東日本を中心に各地で内戦が繰り広げられ…

「単語帳=嫌な勉強」からの脱却を目指して

単語帳選び ①経緯 ②単語帳を探す旅 学習方法の模索 ①Instagramで#単語帳 ②素直にgoogle先生 ③私流単語学習の心得 単語帳の感想

『何者』を読みました。

『何者』朝井リョウ(2012年11月) 感想 自分自身がHR領域の会社で働き始めたのもありまして。 就活を題材にした本を読みたいと思い真っ先に浮かんだのが『何者』。 映画化もしている朝井リョウさんの代表作です。 現在の就職活動とは少し違った点もありまし…

最近小説を読むようになった&僕が小説を書きたいきっかけを作ってくれた教科書を紹介

大先生に「ねこなべにはもっと小説を読んでもらいたい」という教えを受け、1冊は借り、1冊は大先生オススメの本を買ってもらいました、ねこなべです。 「ねこなべが書くものって、こういう感じの作風じゃない?」と話しになり買ってもらったのが、辻村深月著…

『ぼくは愛を証明しようと思う。』を読みました

『ぼくは愛を証明しようと思う。』藤沢数希(2018年4月-文庫化) 感想 2018年4月に文庫化した『僕は愛を証明しようと思う。』 ドラマ化したり、マンガにもなったり、前々から気になっていた本でしたので文庫化を機に購入しました。この手の本はLove理論とか…

『桜のような僕の恋人』を読みました。

『桜のような僕の恋人』/宇山佳佑 感想 「僕はあなたに相応しい男になってみせます!」カメラマンの夢を諦め、フリーターとして日々を過ごす晴人のセリフが今の自分と重なってしまい一気に読了してしまいました。 美容師の美咲と出会い、相応しい男になるた…

『愛とためらいの哲学』を読んで考えたこと

こんばんは 大先生こと私です。 日曜日にフラッと買った本のご紹介 『愛とためらいの哲学』岸見一郎(2018年2月、PHP研究所)

本屋さんで出会った恋〜『がんばる理由が、君ならいい』〜

『がんばる理由が、君ならいい』0号室著(KKベストセラーズ刊、2017年12月) こちらの本。 正直、僕個人としては比較的嫌いなタイプの本。 なぜか「がんばる理由が、君ならいい」というこの言葉にものすごく惹きつけられて手に取りました。