猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

私の覚悟

こんばんは。

大先生こと私です。

 

「행동을 전환하고 싶은 이야기」

この1週間くらい自分の片思い特化の記事を2本投げましたが、そろそろ行動を転換したいと思っていてそのための脳内整理を兼ねていました。

 そして昨日、「再起動するぞ」と意を決した途端、”再起動した”私の初陣がやってきました。

 

やっぱり”里の行”というやつは手厳しい!でも得るものの大きさが机上とは段違い。

スポーツに例えるなら・・・

昨日までは「楽しむため」の練習をしていたけど

実戦では通用しないことを痛感した今日からは「勝つため」の練習に切り替えます。

 

という覚悟のお話です。

 

 

昔の行動方針

今から半年ほど前までの自分はとにかくガツガツ、押せ押せスタイルでした。

連絡もどんな些細なことでも可能な限り毎日送り、会えそうな時はとことん会えるように調整していたし、機会も作ったし、相手の好きな趣味や興味あることはいち早く吸収して感想とかを話せるようにしていました。

 

もちろんそこまでやると、それなりには良い関係を築けてました(と思っていました)。日々、感触が良くなっていくのが楽しくて「お、このペースなら上手くいきそうじゃん!」と割とマジで思っていたんです。

 

しかし、そうは問屋が卸しません。

ある日急速に距離を置かれてしまいます。

私、1ヶ月半くらいめっちゃ荒れました。「なんで?なんかした?なんかあった?」「そういうのやめて欲しい」とことあるごとに問い詰めに問い詰めました。

ダメってわかっていても衝動に自制が効かなくなって、当然のごとくさらに距離は開いていきました。

 

とにかく心に余裕がありませんでした。

嫌われることが怖くて仕方ありませんでした。

なにより、執着が異常でした。

(あれ、まだ半年前かww)って感じはすごいしますが・・・

 

ここからは推測の域なんですけど

「自分がうまくいってる」と思っていた時期も、相手にとっては少しずつ我慢やストレスが蓄積されていて、かなり私が傷つかないように注意深く接してくれていたんだと思います。それの蓄積がなんかの拍子で爆発したんでしょう。

 

自分にとっては「ある日突然」だったけど本当はずーーーっとそこに存在していて、自分が気づいていなかっただけのこと。

 

行動の転換

今の自分の行動なんですが、「とにかく今までの真逆を往く」こと。

連絡は極力しない。

誘わない。媚びない。喋らない。気にしない。

諦める。他の女の子に目を向けてみる。

などなど、かなりの勇気を要しましたが少しずつ真逆に転換してみました。

 

そうすると不思議なんですが、少し心に余裕が生まれてきました。

そもそも嫌われる(と思っている)行動を取っているので、相手との関係性が良くなろうが悪くなろうが”然程”気になりません。「まぁ、そりゃそうか」とちょっと凹むくらいです。笑

プライベートな連絡も取っていないし、会話もまともにしていないので、相手の現況がわからなくても「まぁ、そりゃそうか」で済みます。

 

今までは「なんとしても良くしなきゃ」「相手のこと知らないといけない」「他の女の人なんて知らん」と常に気を張っていたのでなんかとても気楽でした。

気楽だったので、これでいいじゃんと思い数ヶ月程、このスタンスを貫いています。

 

面白かったのが、別に何かしたわけでもなく関係が改善されたり、悪化したりしたこと。頑張っても頑張らなくてもそういうことは起きるんだなと思って面白かったです。

たぶん相手にとっては私の何かが気に障ったりしたんだと思いますが、こっちは無意識での行動なので、知ったこっちゃありません。

善意で動いてるだけなので

「あ、そっかー。悲しいなーor嬉しいなー」

というそれ以上のモヤモヤがないのでとても心の環境が穏やかでした。

 

行動を戻したい

努力=結果ではないことを、結果=たまたまであることを重々理解した今。

もう一度努力がしてみたい。

どんだけダメでも受け入れる覚悟もある。自分なら何が起きても、何を言われても大丈夫という自信も育ってきた。だから単純にやれるだけやってみたいという思いが強くなってきたんです。

 

心を守るための行動   好きになってもらうための行動

転換することにしました。

もちろん今までもその行動はしてきたのですが、心を守ることが優先だったので正直限度がありました。今日からは「傷つくことを恐れない」「嫌われることを恐れない」「そもそも恐れない」で行動する。

 

行動して失敗して傷つかないと自分の何を変えていきたいのか目に見えません。

失敗して、怒られて、嫌われて、思うようにできなくていいんです。

そのための転換なんです。

 

私の覚悟

さて、初陣を終えた私。

ここからが当記事の本題となります。

 

私に最初に降り注いだのが、「彼氏いるってよ」という話を第三者から聞いてしまったこと。

え、そんな転換決めた翌日にこんな・・・とテンパりましたが、ついつい深掘りして聞いてしまいました。(本人からは「こそこそ他人に聞くなら直接聞け」と指摘されました。)(それはそう。)(今、とーっても反省中)

 

それで本人と話す機会をもらえました。(真っ先に上の件で怒られた)

とにかく、あれこれ怒られまくりました。

自分はただ「いるならいるって聞いた時に言ってもらえなかったのが寂しかった」のと、「素直に祝福したかった。」というそれを伝えたかっただけだったのですが、自分のことについても話をしてもらえました。ありがたい。

  1. 自分の何を違うと感じたのか
  2. 付き合う上で重要なことはなんなのか

という2点です。

 

一つ目は、「とにかく早く就職して社会に揉まれろ」です。

考え方も、モノの見方も、性格も、仕事ぶりも、改善点だらけ

就職して怒られて、悩んで、成長してそこで人間を変えないとダメだ、ということでした。

 

2つ目は、「尊敬できる人」

先の文を読んでもうそりゃあそうなんですが、そんな状態の私のことを尊敬する訳がない。曰く「但し、同い年で尊敬できる人に出会ったことないよ」らしい。

 

私、決めました。

「同い年で尊敬できる人に出会ったことない」

なります

なりたいとか、なれたらいいなぁとか、そんな甘い覚悟じゃない。

なります

これはもう決定事項です。

同い年で尊敬できる人・・・に私はなるんです。もう言われた5秒後に決めました。

ここに宣言します。

私は今この瞬間からの人生において、これを曲げる気は露ほどにもございません。

誰がなんと言おうと、私の身に何が起ころうとです。

 

今は恋人もできて私の直接介入する余地はおそらくないでしょう。

つまり全勢力と、全財産、全自分を自己投資できます。

今はダメダメでいいんです。相手にとっても眼中にない存在でもいいんです。

ここが再起動した自分のスタート地点なんです。

 

初めてに挑む以上、今までの常識で生きてたら絶対に越えられない。

規格外のチャレンジも絶対に必要です。

というか毎日それでもいいくらい。

だから今日まで日々は全て捨てます。今までの努力も、常識も、考え方も、価値観も、生活スタイルも、時間の使い方も、行動も、執着、こだわり…捨てる。そんなん、もうどうでもいいです。

 

そんなことより、好きな人に好きになってほしい

それ以上に重要なことなど私には存在しません。改めて認識した初陣でした。

 

命ある限り、私、がんばります。

応援してもらえたら嬉しいですが、応援の有無や友達のサポートなんてもはやどうでもいい・・・