猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

タイトルって考えるの難しいですよね

 

前の記事であがっている画像がダブルチーズバーガーで「美味そうだな」と、心動かされたねこなべです。

結局、買いはしなかったのですが。

 

別段、書くこともないのですが、まぁこういうのもなんじゃないですか。無計画で何か書いてみるのもいいじゃないかと思った次第。

そういえば、最近、実家から母親が来たんです。「上野動物園でパンダを見る!」って言って来たのですが、その感想は聞かずじまいで、そのまま実家の方に帰っていきました。

 

僕の母親って不思議なもので、永遠と話す人なんです。自分が話しを聞いてなくても、ずっと話してる人で。それをわかった上で話し続けるメンタルがすごいなと。

ただ、僕も悪い気はしないんですよね。自分から話すタイプの人じゃないので、向こうから話してくれれば適当に相槌を打てばいいわけですし。

 

あと変わってるといえば、僕の家族は全員、血液型が違うんです。父親がAB型、母親がO型。弟がB型で、自分がA型。いるようでいないような家族構成だと思うんです。

「各々考え方も違うのかなー」と自分は考えてみるのですが、結論としては、お互いがないものを持った性格や行動力のある「集まり」みたいな感じで、悪くはないんですよね。

 

自分が大学卒業するまで家族がいる実家で生活をしてましたが、激しい波もなく、自分の仕事についても反対されることもなく。自分の仕事について、何も口出しはしてこないし(何も言われないのは言われないで不安だけど)

 

学生時代こそ「お金かかるから、実家から通えるところにしろ」とは言われましたが、進学に関してこだわりはなかったので「まぁ、別にいっか」みたいな感じで、そこそこの勉強をして社会人になりました。

 

本当に社会人になってから何も言われないので、どう思ってるのか。どうなってほしいのか謎なんですよね。

といっても、24の自分。今年で25歳になりますが『まだ社会人として活躍する武器を何も持ってない自分に、親の期待に応えられるのか?』という疑問があります。

その期待に応えられる同世代の人もいるとは思いますが、応えられない人の方が、個人的には多い気がしてます。なので、そういう意味では『親不孝もの』なのかもしれません。

 

じゃあ「自分のやりたいことって何なんだ?」と考えた時。

「自分の好きなことで仕事をする」と自信を持って答えられる人はいるのか?

これも、答えられる同世代の人は少ないと僕は思ってます。

それがもし、将来的に自分の好きなことで活躍できる職場で働いているとしても、会社のルールや、上司。そして同僚たちとの仕事をする仲間でありライバルでもある関係のなかで、日々を過ごさなければなりません。

自分の歩んできた人生というのは、まだまだなもので。

昨日、上司の送別会があったのですが、その人からの会社でお世話になったこと、苦労したこと。残された人たちへのアドバイス。それを話すことができるのは、それだけ苦労してきた経験があるからこそだと思います。

 

自分もいつかそんな人になれるように、頑張って仕事をしながら、自分のやりたいことを見つけていきたいです。

 

・・・・・・・・

おっ、なんやかんやで書き上げることができた。良かった良かった。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。そして、こんな僕ですが、今後とも宜しくお願い致します。

 

ではでは、ねこでした。

 

 

 

文責  ねこなべ