猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

映画「ちはやふる 上の句・下の句」を観ました

 

ねこなべです。

 

今日は、映画「ちはやふる 上の句・下の句」の2作品を観ました。

f:id:w-miomio-o:20180223200533p:image

 

3/17に最新作「結び」が公開されるとのことだったので、まぁ予習がてら、サラッと観る感じでした。

 

実際に本編を観ての感想を。

※あくまで個人的な意見ですので、あしからず。。。

 

「面白かった!」というよりも、競技かるたを通じて、大切な仲間ができたり、競技かるたを続けることに、自分は何をしたいのか。「なぜ競技かるたをしているのか?」という苦悩や葛藤など。

 

青春映画としての『基本』が、この作品だったなと思いました。

天真爛漫で、不器用な性格を持つ「綾瀬千早」。その千早を追い続ける真島太一」。かつての競技かるた仲間の「綿谷新」。この3人が競技かるたの素晴らしさを伝えるのだが。

「登場人物のポテンシャルって大事だよな」と作品を見ていて思った。

 

僕が見てきたこの手の映画は、主人公は何の取り柄もなくて、そのメインとなるテーマに対しては初心者で、急に「自分は一番になる!」と言うのだ。

 

だが、今回の作品はそうではない。

主人公である千早の「競技かるたを広めたい」「仲間と一緒に成長したい」という、個人ではなくチームとしての成長に焦点を当てたものだった。

 

こういう作品っていいなと僕は思う。その初心者で、ダメダメな主人公の成長ばかりに焦点を当てる作品より、それぞれの成長を感じられるほうが良いなと。

これも、あくまで僕の感想。全てがそうというわけではないので。。

 

個人的に気になったのは、真島太一を演じる「野村周平さん」と須藤暁人演じる「清水尋也さん」。

ドラマ『電影少女』で共演する前に、こっちで共演してたのか!という発見でした。

 

・・・それだけなんですけどね。

 

 

あとは、ドラマ『僕たちがやりました』で、市原哲人を演じる「新田真剣佑さん」と、ちはやふるでのキャラのギャップがありすぎて、「人って演じるだけでこうも変わるのか」と驚いたことですかね笑

 

 

最後に。

特に、これといった感想はありません。ありませんと言うのもあれですが、サラッと観るぶんには、僕はちょうど良かったです。

漫画原作を読んでいれば、少しは見方も変わったのかな?と思ったり。

 

上の句・下の句と見たので、

一応「結び」も観るようにします。

その時はまた、サラッと感想を書ければなーと思います。

 

 

ではでは、ねこでした。

 

 

 

 

文責  ねこなべ