猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

私の軸はなんだろう〜?

昨日、転職エージェントの面談に行ってきました。

 

 

 

就活、第2章

転職エージェントの利用を始めました。

これから1年の自分をぶち上げるためにもっと攻めていきたい。

圧倒的に成長できる環境で、たくさん挑戦できる環境で働きたい。

とにかく今までの冴えない人生を逆転させたい。

 

これが自分の軸になってくる。

働ければいいとか、週休2日とか、福利厚生とかそんなものは二の次で

とにかく自分をより早く高みに連れていきたい。

 

そう思って転職エージェントに登録しました。

その1発目が本日でした。

 

ハタ○クティブ

友達から名前の上がった会社で面談してきました。

単刀直入に言って、微妙。

何が微妙って紹介された会社が全部派遣。

「ITの世界に興味があります」と言ったことを後悔したレベルでゴリ押しされるエンジニア職。

「大学院卒で、勉強とか自学とか得意ですよね!エンジニアは年齢制限もありますし、その方向で就活したほうがいいですよ。」

いや、だから知識は欲しいけどエンジニアになりたいわけじゃ・・・

「エンジニアってひたすらパソコンと向き合ってるだけじゃないです。コミュニケーションもかなり求められますよ!」

いや、それはわかってるんですけど・・・派遣ですもんね。結局

「正直、新卒じゃないと専属でのエンジニアは厳しいですよ?」

ですよね。だからエンジニアになりたいわけじゃないって言ってるんですよね。

 

コツコツ勉強して、コツコツモノ作って、保守管理して、カスタマーサポートして

っていうエンジニアの魅力はすごいわかるんだけど、やっぱり俺がやりたい形ではない。

 

反省点

今回はエージェントさんに受け身すぎました。

あちらが掘ってくれて、それに合ったものを提案してくれると思っていましたが、結局はやっぱり初対面の知らない人で、自分のことももちろん知らない人。たった1回の面談で自分の趣向を判断するのは無理あるし、そうなると「院卒」「研究してたから勉強得意」「一つの道を極めるのがしたい」そう判断するしかないんだと思います。

 

次のエージェント会社との面談で伝えていくべき1番はやっぱり「スタバの価値観」と「大学院での失敗」と「別人になるくらい成長したい」と「お金を稼ぎたい」なのかもしれない。ITに興味あります。一つの道を極めたい。違う違う。

もう、大学院は自分には合わなくて、学問の世界は自分には合わなくて、楽しかったのはスタバでの仕事で、サークルのイベント企画で、楽しい理由は人とのつながりで、やっぱり「必要としてもらいたい」、自分の提供するもので幸せを感動体験をしてほしい。加えてやっぱり好きな人に言われた「尊敬できない」「改善点が多すぎる」「考え方やモノの見方が甘い」それがめっちゃ悔しい。

 

それをちゃんと伝えていかないといけない。

そういう働き方がしたいんだと伝えていかないといけない。

受け身に、大人ぶって、冷静ぶって、淡々と受け答えしてるんじゃダメだな。

本音はもっと必死だし、ワクワクしてるし、熱い気持ちだし、そこをわかってくれて、セールスの仕方を一緒に考えてくれるエージェントさんに出会いたい。

 

さいごに

うん、就活って楽しい。

まだ始めて2ヶ月経ってないですけど、今後の人生をいろいろと考えさせられております。思うように結果が出ないなーって悩み始めてたんですけど、冷静に考えたらまだ2ヶ月しか経ってないし、当たり前かと思った。

4月から無職になるわけじゃないし、結局は続けたもん勝ちなんでしょう。

大学の時も、院生の時も、去年教員目指した時も、結果が出なくて途中で辞めちゃったから今回はがっつり続けようと思ってます。

何より1社1社での新しい価値観との遭遇、気づいてなかった自分の魅力の発見、こんな会社あったんだという出会い・・・「井の中の蛙、大海を見る」の状態で、ずっとダークグレーだった自分の世界がグレーぐらいの色には変わってきてるのが楽しい。

 

もっと就活続けて、いざ就職したらきっともっと明るい視界で生きていけるような気がします。どんだけ怒られて、失敗して、へこたれて、結果が出なくて、落ち込んでも、世界が明るければプラスに変えていける。

今までの自分は世界が真っ黒だったから全てが怖くて、逃げ続けることしかできなかった。アイドルに逃げ、恋愛に逃げ、貧困に逃げ、向き合うべき課題よりも苦しい問題や楽なことを常に探して、傷つかないように保身していました。

 

そんな世界がさらに浄化されているのが就活だなと思う。

頭でいくら考えても

実際に動かないと、人と会って喋らないと、自分を変えられないんですね。

1年後の自分がどうなっているのか不安の方が強いですけど、楽しみです。

 

それでは良い休日を!!