猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

映画「ちはやふる-結び-」を一足先に観てきました

 

ねこなべです。

 

先日、3/17(土)公開「ちはやふる-結び-」を、一足先に観てきました。

f:id:w-miomio-o:20180306195542j:imagef:id:w-miomio-o:20180306195546j:image

 

 

ちはやふる-結び-」は前作「-上の句-・-下の句-」に続く完結編となります。

「-上の句-・-下の句-」については、下記ブログにて、サクッと感想を書いているので、サクッと読んでもらえると幸いです。

w-miomio-o.hatenablog.com

今回の作品は、今までの集大成と言っても過言ではないでしょう。

青春のすべてを競技かるたに捧げてきた、瑞沢高校・千早、真島、西田、駒野、大江。この5人が競技かるたを続けてきて導き出した答えや、3年間で感じたものを、素直な気持ちが作品に表れていました。

作品の多くは話せませんが、この作品の見どころを端的に表すのであれば

「成長」「後悔」「運命戦」

この3つだと思います。

 

そして『綾瀬千早』という存在が、周りの人々の心を動かし、強くしていった。

強くなった瑞沢高校競技かるた部が、綾瀬千早を、さらに強くしていった。

誰か一人が欠けてはいけない。そして「みんなで楽しくかるたをする」

青春ドラマの王道な感じが、グッときましたね。。。

 

「-上の句-・-下の句-」と違って、「-結び-」では、それぞれのキャラクターが今までに見せたことのない表情や、繊細な演技がこの作品の見どころの、もう一つの部分だと思います。

ここまで書いたけど、上手くまとめられている気がしない。。。

 

まっ、とにかく

個人的には「大江奏」のキャラクターが好きなんですよね。かるたの意味や、魅力を教えてくれることで、よりかるたを好きにさせてくれるところ。

 

机君こと「駒野」の縁の下の力持ち的な存在ですが、大江のキャラも縁の下の力持ち的な存在で。大江のおだやかで、心温まる一言が、ジーンときて好きなんですよね~笑

今作でも、そのシーンが何度かあって感動しちゃいました。

そして、この映画でもう一つ注目してもらいたいのは「音の表現」です。

かるたを取る時の「シュッ!」という効果音。

かるたを取りに行く時の迫りくる音。

また、音楽も重要な要素で、映画冒頭、また気持ちを落ち着かせる時に流れる、ピアノメインのBGM。千早が本気を出した時のBGM。チームが一丸となって試合をする時のBGM。時には、BGMが全く無くなり、無音になるシーン。

この映画は「音」も重要になってくるので、もし皆さんが観る際は意識して観てみると良いと思います。

 

ということで。

ぜひとも「ちはやふる-結び-」は3月17日(土)より公開です。

映画『ちはやふる -結び-』公式サイト

 

また「-上の句-・-下の句-」を観ていない方も、

3月9日(金)「ちはやふる-上の句-」

3月16日(金)「ちはやふる-下の句-」が、日本テレビ金曜ロードショーにて。

2週続けて放送しますので、ぜひこちらをチェックしてみてください!

金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ

 

一人でも多くの方に観てもらえるように。

青春時代をもう一度感じたいあなたにぜひ!!

 

ではでは、ねこでした。

 

 

文責  ねこなべ