猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

映画「グッドモーニングショー」を観ました

 

ねこなべです。

 

先日、映画「グッドモーニングショー」を観ました。

f:id:w-miomio-o:20180317161029j:image

今回は、この作品の感想をサクッと書いていきたいと思います。

 

主演は中井貴一さんで、朝のワイドショーを舞台としたエンターテイメント映画?です。僕の中井貴一さんに対するイメージは、人間味溢れると言いますか、落ち着いた雰囲気で、安定感のある演技をする役者さんというのがありました。

 

しかし、この映画の中井貴一さんはとにかくコミカルで、あたふた振り回されている役を演じており、新たな一面を見れた気がしました。

 

はい、物語を簡単に紹介します。

中井貴一さん演じる「澄田真吾」は、朝のワイドショーのメインキャスターとして働いていた。結婚をしており、息子もいるのだが、妻からの態度は冷たく、息子からはなんとデキ婚を急に告げられ…

 

妻も息子も父親の仕事ぶりは「大した仕事でもないくせに」と呆れる始末。それもそのはず、真面目で誠実なニュースキャスターではなく、バラエティ満載のキャスターであったため、ふざけているようにしか見えなかったのだ。

 

また、以前は報道ニュースのエースキャスターだった澄田だが、ある災害現場の中継で世間から非難を浴び、番組を降板させられる。

 

そんな澄田キャスターと、もう二人の女性キャスターがいる。

長澤まさみさん演じる「小川圭子」と、志田未来さん演じる「三木沙也」だ。

 

長澤まさみさんの役は、思い込みの激しい女性で、以前、付き合っていた男性にフラれた際、その話しを聞き、ちょっとだけ優しい声をかけた澄田に対し「私のことが好きなんだ。この人しかいない」と思い込み、澄田を散々に振り回します。

 

一方の志田未来さんが演じる役は、しっかりした態度で、真面目なキャスター。以前、澄田とある中継に向かったのをきっかけに、澄田のことを尊敬の眼差しで見るようになり、信頼を置いている。

 

そのほか、朝のワイドショーを支えるスタッフ役に、プロデューサーに時任三郎さん、チーフディレクター池内博之さん、各スタッフに梶原善さん、大東駿介さん、林遺都さん、木南晴夏さんなどなど。人物紹介終わり。

 

ストーリーの紹介

いつも通り番組の準備をしたのだが、ある速報ニュースが報道センターに通達される。それは「立てこもり事件」だった。

 

早速、その立てこもり事件を中継・報道するためにスタッフ陣は動く。そして、事件が進展するにつれ、犯人からの要求が。

 

「澄田キャスターをここにつれてこい!」

犯人からの要求は澄田キャスターを立てこもり現場に連れてくることだったのだ。

会社の上司から「行くな!」と引き止めるよう説得するも、ワイドショー番組のプロデューサー、スタッフ陣が押し切り、澄田を現場へ行かせる。

 

そして現場に着いた澄田だが、昔の災害現場からの中継で起こした、非難の声を思い出し、中継キャスターとしての役割から逃れようとするが…

 

プロデューサーからの一声により、中継をすることを決める。淡々と中継を進めるのだが、またも犯人からの要求が。

 

「澄田さんと話しをしたい!」

その要求を受け入れ、上の画像のような防弾チョッキを装着される。

ちなみに、胸に付いている星型のバッチの1つは「隠しカメラ」になっており、カメラが入らないところも中継できるように、大東駿介さん演じるカメラマンが付けたもの。

 

澄田は立てこもり犯と対面をする。

立てこもり犯を演じるのは、濱田岳さん。濱田さんの犯人役も様になっていると言いますか、いろんな役を演じているのが凄いなと思います。

 

澄田と立てこもり犯の関係

立てこもり犯の真の目的

澄田が昔、災害現場で非難を浴びる原因に隠された、本当の出来事

 

最後の最後まで楽しめる映画で、感動して泣いちゃいました。そして、朝のニュースならではの事件解決の物語というのも必見だと思います。

 

 

そんなこんなでー

他のレビュー評価を見ていると賛否両論があるそうで。面白い・面白くないの声が半々って感じですかね。

僕が点数をつけるなら85点(高得点なのかどうなのかの基準が謎)です。

 

ちなみに、実際に中井貴一さんは朝のニュースキャスターの役柄を掴むべく、めざましテレビの収録現場へ行き、勉強をしていたそうですね。役者という仕事に熱心な姿勢が伺えるエピソードだなと思います。

 

「グッドモーニングショー」

良い作品でした!ぜひ皆さんにも観てもらいたいです!

 

ではでは、ねこでした。

 

 

文責  ねこなべ