猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

『「私は自分が好き」ということから始めよう』を読みました。

f:id:w-miomio-o:20180714192258j:plain

 

『「私は自分が好き」と言うことから始めよう』

作者:きい(2017年12月)

 

こちらは最近多いSNS発の書籍です。

Instagramに投稿された心に関する絵や言葉も非常にわかりやすく、出版も納得の内容です。私がこの本を手に取ったのも完全なInstagram経由。

当初は「興味あるからとりあえずフォローしておくか」程度の感じだったんですけど、投稿を見ていても自分が過去に通ってきた道すぎて「わかるわー」と共感が非常に多く、フォロー継続していました。

 

自分のこと好きですか?

 

  この本は生きるのが苦しい人生何もうまくいかない毎日辛いみたいなものをずーっと抱えながら生きていて、そんな自分を変えたいと思う人に読んでほしいスタートダッシュな本。巷には心理学やメンタルケアに関する本、自己啓発本は数多存在しているけど、この最初のフェーズでは1冊目に何を手に取るかって本当に大事です。

 

テーマとしては①仕事、②人付き合い、③恋愛のトピックに分けて、それぞれ問題との向き合い方を絵も交えてとても簡潔にまとめてくれています。なにより心理学とかメンタルケアの難しい言葉とかがほとんどなくて、読み手に寄り添った言葉を使っているので拒絶反応が起きにくいです。

 

失敗してしまった、苦手な人がいる、頑張ってるのに認めてもらえない、自分を許せない、過去の恋人・好きな人を忘れられない・・・など。とても苦しくて、それこそ「死にたい」と思ってしまうような状況がいくつか挙げられていて、そんなときどう自分の心と向き合ったら良いのか、どう振る舞うのが心に良いのか。筆者自身の体験を交えつつ紹介しています。

 

筆者自身も最初は自分が全く好きになれなかったそうですが、ドン底状態から「自分が好き」と言えるようになるまでのストーリーがヒシヒシと伝わってくる文章でした。今ドン底で苦しい人、今絶賛自分の弱さと戦っている人にとっては「自分もこんな風になれるかも!」と勇気をもらえる1冊だと思います。

心が軽くなるイラスト&メッセージ 「私は自分が好き」と言うことから始めよう

心が軽くなるイラスト&メッセージ 「私は自分が好き」と言うことから始めよう

 

生きるのが苦しいとき

自分も1年前はそうでしたけど、毎日生きる意味を見出せずにいました。

当時は本書でいう所の「立ち直ったフリ」をし始めていた時だったのですが、友達と会う時や仕事中は気丈に振る舞い、ネガティブをなるべく見せず、明るく振る舞えるように努力していました。でもやっぱり1人でいる時はずっとドンヨリしていました。

 

それこそ真っ暗な部屋で椅子の上で丸くなって「あの時どうしたらよかったんだろう・・・」「なんで何も上手くいかないんだろう・・・」と悶々としていました。

本なんて読む元気なかったし、人からの言葉は全てネガティブに受け取ってしまうし、ちょっとした他人の行動に一喜一憂しては凹んでいました。それでも表面的には明るくいようとしていたので苦しかったです。

 

明るく振る舞い、ネガティブを見せないようにしていたので現実は多少変わっていたけれども、「こんなクソみたいな人生を生きていて何が楽しいんだろう」と本気で悩んでました。

 

心と向き合い始める

本書もこの段階で読んでほしいです。

何かを変えたいけどそもそもどうしたら良いのかわからない。

本を読んで言ってることもわかるけど、どうしたら良いのかがわからない。

私も何冊か読み漁りましたけど抜本的に心に刺さってくる本はなかなか出会えないものです。

 

最初は「こんな風に苦しんでいるのは自分だけじゃないんだ」と気づくこと、「変われるんだ」と知ることと、ほんの少しだけ考え方を変えてみることが大事です。

 

筆者自身も心の病を抱えた状態から立ち直って、1人でも「生きやすい」思える人を増やすために活動するまでになれた方なので、専門家とか作家さんが書く本よりもそんなことが伝わりやすいのかなと思います。

 

ちなみに、模索の末に私が最初に手に取った本は心屋仁之助『がんばっても報われない本当の理由』でした。若干宗教っぽい雰囲気があるので、心が弱い人って依存体質も併発していたりもするから最初の1冊としては私は勧めないですが、もっと抜本的に変える勇気があるときはぜひ。

がんばっても報われない本当の理由 (PHP文庫)

がんばっても報われない本当の理由 (PHP文庫)

 

 

さいごに

私が著者のInstagramに出会ったのは本当にたまたまだったのですが、フォローした数日後に配信していたインスタライブも普段なら数秒見てスルーするはずなのに、その日はたまたま最初から最後まで話を聞いて、それがたまたま著者だったんですよね。

 

自分自身が悶々と悩んでいたのもあって「あれ、俺ってまだ心の闇抜けきってなくね?」と話を聞いて気づき、単純に、立ち直って前向きに生きている人に会ってみたかった。そこで始めたばかりという対面のメンタルケアに即申し込み、先日直接カウンセリングもしてもらいました。

 

素直に「人ってこんなに変われるんだ」って思いました。

自分みたいに真っ暗闇を生きていた人(もしかしたら自分より深い)とは全く感じられない方でとても勇気をもらえましたし、もう少し時間はかかるだろうけど自分もこんな風に明るく楽しく自分の好きなことで誰かを助けられる人になりたいなと強く思えました。思い切って会いに行ってよかったです。

 

ぜひ、もっと「自分が嫌い」「生きづらい」と感じるいろんな人には知ってほしい。

今まさに苦しんでる人がここへ辿り着いたなら、少しでも助けになりたい。

そんな想いで拙いながら久々にブログを書いてみましたとさ!

ikiyasu.com↓Instagramはこちら↓

www.instagram.com