猫の恋やむとき閨の朧月

映画が中心/みんなの趣味を好き勝手に発信

映画『億男』を一足先に観てきました

 

ねこなべです。

先日、映画『億男』を一足先に観てきました。

今回はその感想を書いていきたいと思います。

 

f:id:hate-neko-n:20181008134045j:image

 

※ネタバレを含む部分があります

 

 

一人の男の人生が変わった瞬間

主人公・一男(演:佐藤健)は、兄が残した3000万円の借金を返済する毎日。

常に借金のことしか頭になく家族のことに向き合わない一男は、妻・万佐子(演:黒木華)に愛想を尽かされ、娘と共に出ていかれ別居をする生活となっていた。そんな生活を過ごす一男だったが、ある日商店街の福引で当てた宝くじが見事に当選する。その額はなんと3億円。これで借金の3000万円を返済し、家族の絆をもう一度取り戻せると確信した一男だったのだが、ネットで高額当選をした人の末路を見てしまった一男は不安になり、大学時代の親友・九十九(演:高橋一生)に、お金の使い方を相談するため、約10年ぶりに彼の元を訪れる。

 

一男と九十九、念願の再会・・・?

九十九は、大学を中退し「バイカム」という会社を起業して大成功をしており、今は会社の社長として仕事をしている。

お互い立場や役職は違えど、大学時代の頃と変わらず「親友である」ということに安心し、3億円の使い道を九十九に相談をし始めた。

 

「まずは3億円というものがどんなものか、銀行じゃなく常に自分の手元に置いておくといい。それにお金の使い方、誰だって最初はわからない。だから使ってみるしかないんだ」

「5円玉の重さは3.75g、10円玉は4.5g、50円玉は4g、100円玉は4.8g、500円玉は7g。1円玉は1g。1万円も同じ1gなのにこうも価値が変わるなんて、皮肉な話しだよな」

どこか寂しげに話す九十九の姿は『お金とは本当に自分を、他人を幸せにするのか?』と訴えかけるようにも見えた。

 

相談をしたその日は九十九がプロデュースするパーティーがあった。流れで招待された一男は銀行に預けていた3億円を引き出し、九十九のオフィスにある金庫に預けてから、パーティーへ参加することにした。

 

都内のとあるビルの屋上で開かれたパーティーは、お金持ちだけしか集まることのできない豪華なパーティーだった。久しぶりの再会とパーティーの雰囲気に浮かれて酔いつぶれてしまった一男が翌朝目覚めると3億円と共に九十九が消えていることに気付く。

 

何が起きたのか整理がつかない一男は、パーティーで知り合った女性・あきら(演:池田エライザ)に『バイカム』を起業したかつての仲間=“億男”と呼ばれる億万長者達の存在を聞き、彼らから九十九と3億円の手がかりを探る。

 

ギャンブル好きの実業家・百瀬(演:北村一輝)

マネーセミナーの教祖・千住(演:藤原竜也)

10億円を隠し持つ専業主婦・十和子(演:沢尻エリカ)

 

クセ者揃いの億万長者達との出会い、一男は九十九の行方だけでけではなく、彼の過去、お金とは一体なんなのか?、本当の幸せとはなんなのか?

3億円を取り戻す為、そして一つの答えを見つける旅が始まるのであった。

 

感想

とても面白かったです。今の日本社会において、お金の使い道を示すひとつの指標として、考えさせられる映画であったなと思います。

まずこの映画が訴えかけてくるものは「お金には何の価値もないという“先入観”」でした。お金は魔法のアイテムです。しかし、一歩間違えば“ただの紙切れ”になってしまうということ。使い方を誤ってしまえば、本当に手に入れたい物は得ることができず、失うもののほうが大きいということを教えてくれた。そんな映画でした。

もう一つ言うのであれば、お金持ちだからできることであって、凡人の僕らには到底できないことが繰り広げられている。そんな映画でもありました・・・笑

 

佐藤健さん演じる一男は、朝から晩までほとんど寝ないで仕事をする毎日で、本当に辛い生活を強いられている環境でした。しかし、ある日突然、大金が手に入ったことで借金を返せる、家族とやり直せる。誰だって同じことを考えるに違いありません。

劇中の中盤「やっぱりあなたは変わってしまった」と、妻の万佐子からの一言が心にグサっとくるのですが、この時の一男は自分の理屈を突き通すのではなく「じゃあ本当の幸せってなんなのか?」と考え始めるんです。

 

それは物語が進むにつれて徐々に見えてきて、最後のオチで「自分が家族にしてあげられること」が何なのかに気づき、万佐子と娘に“ある行動”をして終わりを迎えるのですが、「最後に人間ドラマを織り交ぜてきたかー」と泣き落とししてきたかみたいには思いましたが、本当に素晴らしい最後であったことに変わりありません。僕は号泣しっぱなしでエンドロールを迎えてましたからね笑

 

この作品の見どころは、クセの強いキャラクター達です。

北村一輝さんの関西弁でベラベラ喋る姿はずっと面白かったですし、藤原竜也さんのマネーセミナーの教祖役はハマり役でしたね笑

ついつい言ってしまいたくなるセリフがあるのですが、それは映画を観てのお楽しみということで。ただ、登場する人物が言うセリフには説得力があって、お金は持っていることがすべてじゃないということを教えてくれました。

 

そして、この映画の鍵を握る九十九。最初は「なんで3億円を持ち出したんだ?」と疑問に思うのですが、最後になってその意味がようやくわかり、「僕たちは変わってない。変わっていなかったんだ」という最後のセリフはグッとくるものがありました。

多くは話せませんが、お金が無くなったことで自分というものを“狂わせる何か”がきっと起こるはず。しかし、一男はお金を持ち出されても・・・。

やっぱ、これ以上は映画を観て、感じてください。

 

この映画にはお金にまつわる名言が数多くありました。

「お金の重さは常に1グラムなんだ。使う人が重くも軽くもさせてしまう」

「みんなお金のことを知らない。だからお金に振り回されるんだ」

「あなたの家族の値段はいくらですか?」

「お金に心をとらわれてしまった瞬間、人は本当に欲しいものを見失ってしまう」

 

などなど。。。心にくる言葉が節々にあり、その言葉の意味を考えてしまいながら映画を観てしまう。そのタイミングが絶妙なのと、考える時間を与えてくれるのもまた絶妙だなと思いました。

 

そんなこんなで。

全国公開は10/19(金)からです。

ぜひ、多くの方に観ていただきたいです!

okuotoko-movie.jp

 

www.youtube.com

 

ではでは、ねこでした。

 

 

文責  ねこなべ